初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
エラーケース

宣言した要素の上限より大きい要素を操作するとエラーになる

宣言した要素の上限より大きい要素を操作しようとすると
エラーが起きます。

変数は宣言した直後に初期値が入っています。
そのためすぐにDebug.Printしたとしても問題は起こりません。