初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
基本動作サンプル

エラー処理を行う(On Error Go To OnError Resume Next)

ざっくり

エラーが起きた際に、エラー処理部までコードを飛ばします。

コードサンプル

On Error GoTo メソッドを使うと、
エラーが起きた場合に設定した場所(ラベル)までコードが飛びます。
下のマクロは「Err」というラベルまでコードを飛ばします。

On Error Resume Next メソッドは、Errorが起きてもそれを無視して
コードを実行し続けます。