初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
基本動作サンプル

マクロが止まらなくなった時にはどうすればいいか

ざっくり

無限ループなどで止まらなくなったマクロを強制終了します。

説明

マクロのコーディングにミスがあると、処理がループして
マクロの動作が止まらなくなることがあります。

するとExcelが他の操作を受け付けなくなってしまいますので
作業がストップしてしまいます。

そんな時には三通りの方法で、マクロを終了する事ができます。

Escキーを押す

Escキーはキーボードの左上にあります。

Ctr+Breakキーを押す

Escでダメな時は、Ctrキー+Pause/Breakキーを同時押ししてください。

Ctrキーは左下か右下かどちらか一つで構いません。
なお、Pause/Breakキーはキーボードによっては表示が違う事もあります。

それでも止まらない場合は…

タスクマネージャーからExcelを停止してください。
保存していないデータは全て失われますし、
ファイル破損の原因にもつながりかねません。

こちらは最終手段としてください。

ループテストは慎重に

マクロを作っていると意図せずに無限ループを起こしてしまうこともありますが、
最悪ファイルの破損にもつながりかねません。

ループ処理をテストする場合はF5の実行ではなく
F8のステップ実行を活用するなどして慎重にテストを行ってみてください。