初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
コードサンプル

列を指定する

VBAで列を指定する方法を紹介します。

遥先生
遥先生
行の指定と同じように書き方がいくつかあるのよ。
ひとみさん
ひとみさん
行の指定についてはこちらの記事で紹介しています。
この記事でわかること

・指定したセルから下に何行データが続いているか取得する方法

列を一列指定するコード1

遥先生
遥先生
Columnsの後に指定したい列の数字を入れます。
Columnsは「列」のことです。

列を一列指定するコード2

遥先生
遥先生
Columnsの後に指定したい列の
アルファベットを入れます。

列を一列指定するコード3

遥先生
遥先生
セルの位置とEntireColumnを使います。

「Entire」は「全体」というような意味の英語です。
「B2セルのある列全体=2列目」を指します。

列を複数列指定するコード

遥先生
遥先生
Columnsの後に指定したい列の
アルファベットを「始点:終点」で入れます。

列を複数列指定するコード2

遥先生
遥先生
Rangeの後に指定したい列の
アルファベットを「始点:終点」で入れます。

どのコードを使うかは自由!

一行の指定の仕方、複数行の
代表的な指定の仕方を2種類ずつ紹介しました。

こうして書き方が複数あると
「え、じゃあどれをつかえばいいの?」と、
思う方もいらっしゃるかもしれませんが、明確なルールはありません。

最初は好みで!

最初はあまり難しく考えず、どんな書き方でも構いません。
自分の好みでどれを使うか決めて下さい。

ただし、組織的にマクロ作成を行う場合に
決まりごとが存在している場合はそれに従う様に注意してください。

遥先生
遥先生
この辺は日常会話に近い所があるわね。
話している時にどれを使っても意味は変わらなくても、
自分が好きな言葉を使うでしょう。
ひとみさん
ひとみさん
どれが書きやすいのか試してみます!