初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
コードサンプル

行を削除する

VBAで行を削除する方法を紹介します。

遥先生
遥先生
行の指定と同じように書き方がいくつかあるのよ。
ひとみさん
ひとみさん
行の指定についてはこちらの記事で紹介しています。
この記事でわかること

・行を1行削除するコード
・行を複数行削除するコード
・結局結局どのコードを使えばいいの??

アクティブシートの行を削除する

遥先生
遥先生
アクティブシートの行を1行削除します。

アクティブシートの行を複数行を削除する

ひとみさん
ひとみさん
こちらはアクティブシートの行を
複数行を削除するコードです。

変数を利用して行を削除する

遥先生
遥先生
変数を使用して指定した場所の
行を削除しています。

削除はDeleteメソッド

行の削除にはDeleteメソッドを使用します。

変数を使って複数行を削除する場合は書き方にクセがあるために
構文エラーとならない様に注意してください。

行の指定方法が複数種類あって迷う!

書き方が複数種類あるために代表的なものを載せていますが
好きな書き方を使って構いません。

自分の好みや、他の人が見た時のわかりやすさを考えて
どの書き方をするのか判断して下さい。

遥先生
遥先生
行の指定方法は
「どれをつかえばいい」という決まりはないの。
ひとみさん
ひとみさん
詳しくはこちらの記事も読んでみてくださいね!