初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
実務サンプル

Excelのシステムメッセージが出ないようにする

ざっくり

Excelのシステムメッセージが出てマクロが途中でストップする事を防ぎます。

コードサンプル

Appllication.DisplayAlertsをFalseにすると
警告メッセージが出ない様に設定する事が出来ます。
その他のシステムメッセージも全て出なくなります。

補足

ブックを変更し、セーブせずに閉じると下記の様なメッセージが出ますが
このメッセージが出るとExcelがユーザーの操作待ちになりマクロが一旦ストップします。
それを防ぐためにAppllication.DisplayAlertsが使用されます。

基本的にシステムメッセージは必要な状況だから出ているものなので
むやみにカットして良いものではありません。

必要な時のみApplication.DisplayAlertsを「False」としておき、
役割が終えたらすぐ「True」に戻す習慣をつけておいた方が良いです。