初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
実務サンプル

奇数か偶数かを判定する

ざっくり

引数として与えられた数値が奇数か偶数かを判定します。

コードサンプル

補足

MODという演算子を使うとわり算の余りを計算出来ます。

例:5 Mod 2 = 1 (5を2で割ると1あまる)

これを利用し、奇数か偶数か調べたい数をModで計算して
1が余るのであればその数は奇数、
ちょうど割り切れるのであれば偶数と判定する事が出来ます。