初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
関数・ステートメント

CVErr関数

ざっくり

引数に指定したエラーを起こす事が出来ます。

基本の形

CvErr(起こしたいエラー番号)

コードサンプルと解説

特定の動きに対し、(nという変数に10が入っていたら)
自作のエラー番号を割り当てて、
その動作が起きた事をエラーで知らせるコードです。

補足

起きたエラーはvariant型で返ってくるため
代入する変数もvariant型で準備しています。

エラー判定をするのにはIsError関数を併用しています。
こちらも併せてご覧下さい。
IsError関数