初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
コラム

ExcelのA1形式、R1C1形式ってなに?

殆どの方はExcelを1からの数字で始まる横の行と
Aからのアルファベットで始まる縦の列で使用していると思います。

これを「A1」方式と言います。

対して、1からの数字で始まる横の行は変わりませんが
縦の列も1から始まる、将棋盤の様なExcelの見方があります。

A1セルなら1,1 B3セルなら3,2と表します。
これをR1C1形式と言います。

Rは行を表すRow。
Cは列を表すClmから来ています。

画面右上の「ファイル」をクリック。

画面右下にある「オプション」をクリック。

左側のメニューから「数式」を選択し
「R1C1参照形式を設定する」にチェックを入れ、

画面下のOKをクリックします。

これで設定完了です。

普段は使いづらいかもしれませんが
VBAでマクロを作っているとこの列が何列目だったかを知りたくなる事は多く
そういった時に非常に便利です。

F列くらいまでならパっとわかってもAA列が何列目かはわかりにくいです。

・J列が10列目で、T列が20列目です。
私はたばこ販売会社のJTにかけてこれを覚えましたが、10、20を覚えておくと
役に立つことがあります。