初心者から実務利用者まで
わかりやすいVBA解説サイト
関数・ステートメント

Replace関数

ざっくり

指定した文字を、別の文字で置き換えます。

基本の形

Replace(1:文字列,2:find,3:replace)

コードサンプル

指定した文字を別の文字で変換する

空白を””に変換して消去する。

補足

「1:文字列」の中から、「2:find」をみつけだして、「3:replace」に変換します。

「3:replace」の部分を””とする事で、「2:find」を消去できます。

非常に使い勝手がよく、何度もお世話になる関数です。